[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]

Surf culture

カリフォルニア漂流記1988

Writing & Photo by Novoru Sugiyama

2 / 3 page

次の日にはそのスウェルは跡形も無く消えていた。
次に目指すはぺニシェの「スーパーチューブス」。エリセイラと同様、サーフポイントの近くに限らず、幹線道路沿いには、多くのキャンプサイトがポルトガルにはある。管理も良く行き届き、清潔でしかも安心。ロードトリップカルチャーの浸透しているヨーロッパは、貧乏サーファーに対しても非常に寛容である。

ぺニシェの町は漁業の街らしく、とても良い匂いを漂わせていらっしゃる。私も良く行く千葉の片貝もたしかこんな匂いを漂わせている。しかし海は全く違った。水は透き通る位クリーン。「スーパーチューブス」の波は、良い時には名前の示す通り小振りで良質なチューブが出来る。風が合わない時はぺニシェの街が小さな半島にある為、反対側にある「バリエール」をチェックすると良い。チューブにこそならないが、オフショアで素晴らしい波にありつける。

マデイラ島を除いてポルトガルでサーフィンと言ったら、ここぺニシェかエリセイラというのが一般的らしい。その後、旅の道中でいくつかの波に乗ったが、クオリティー良くギャランティーだったのは、この二つの街にあるいくつかのポイントだった。大きいだけの波なら他にもあったが・・・

さあ次に目指すはリスボンよりも南の地域。あまりにも長い釣り橋(確か世界一だったか?)の10kmはあるバスコ・ダ・ガマ橋を渡り、ポルトコルボ、マルハーオをチェックしたがパッとせず、最終的にアリファナに辿り着いた。
南部では一番賑わいを見せるポイントでもある。南部の海岸線の地形は、大西洋の荒波で削られた断崖絶壁が多い。ここも浜に出る為には少しづつスイッチバックしながら、下へ下へと狭い道を降りて行くといった感じ。
ビーチブレイクで地形がいまいちなのか、大きなセットは大クローズアウト。切れた波も入るので長くは乗れないが結構いい波だ。そして本領発揮をすると右側の棚に沿ってライテンダ−が姿を表し、パーフェクトブレイクとなる。

ここには何日か通い二つの出会いがあった。
一つは同じ企業のアメリカに勤めるフランス人サーファー。彼とは同じサーフボードとサーフトランクスとを互いに持っていた事ですぐに分かった。まださほど大きくは無い会社だし、サーフボードだってほとんど無名に近いから。こうして互いにとっての異国の地、そしてマイナーなサーフスポットで同じ会社の人間同士が偶然出会ったのも、社風がそうさせているんじゃないかと考えたら、少し嬉しくなった。

もう一つの出会いはブラジリアンサーファー達との出会い。彼らとは何日間か一緒に旅をし、一緒に波に乗り、手作りのマッシュポテトとパスタ、ソーセージをご馳走になり、そしてサーフポイントの目の前で張ったテントサイトで、知り合ったスパニッシュの女の子達と一緒に歌を歌ったりもした。
歌は即興で作った「今の心境を表す唄」を日本語で歌い、意味はわからないだろうに大笑いされたりもした。恥ずかしかった。

彼らとは南で一度別れたのだが、その後、再度向かったエリセイラで再会した。彼らの中の一人はローカルモーションの専属シェイパー「マルセロ」、弟の「マルコス」そして彼らの友人であるもう一人の「マルコス」。再会の経緯は、マルセロに貰った一枚のシェイピングルームのアドレスが入った名刺を頼りに、エリセイラに戻ったからだったが、その前に海で偶然にももう一人のマルコスに会った。
これだからサーファーという奴は約束をする必要が無い。そしてまたそれを嫌う。次に会う時は「また海で!」で済んでしまうのだから。それで会った時は「波はどう?」でOK。
その時の波のコンディションが自分の行き先と、でなければ何をするかを決定する訳だから、約束なんて出来ない。だから再会出来た時は最高に嬉しいし、真の友人になったような気がする。

エリセイラでもう一箇所良かったポイントは「リベイラ・ディルハ」全景が高台から見え、気になっていたポイントの一つ。駐車場とシャワーがしっかりと完備され、良く大会も開催されるような、パブリックな海岸だ。
波質はディレクションを多方向から受け止める地形だけあって、リーフブレイクだがピークが良く動く。しかし波の選択を間違えなければ、イージーなテイクオフからショルーダーが張り、アップスンダウンを繰り返しカットバック、そしてインサイドセクションでもう一度ショルダーが張り出すといった具合。最高のファンウェーブ。
結局6'3"というサーフボードの選択は間違いは無かった。長い板があるに越した事は無かったが、日本で使い慣れたサイズがオールラウンドで一番使い易かった気がする。

1 2
PHOTO
[1] Santa Cruz in Portugal
[2] Ribeira D'ilhas / Ericeira in Portugal

前のページ       次のページ

[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]

このページの最初に戻る

トップページに戻る

Copyright © 2008 PACIFIC GATE. All Rights Reserved.