[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]

Surf culture

カリフォルニア漂流記1988

Writing & Photo by Novoru Sugiyama

〜 第6部 CALIF LIFESTYLE LATE 80'S 〜

カリフォルニアに来て3日目、なんとなく身体がCALモードになってきた。

早朝5時にマイクに「これからドーンパトロールに行くぞ!」と起こされた。
"DOWN PATROL"? なるほど "朝一サーフィン" のことか。

保温性のあるプラスチックのマグカップにコーヒーを注ぎ、五時半に家を出てプレジャーポイントという場所へ向かった。
そう、アメリカには缶コーヒーって無いんだよ。だから皆海へ行く時はお気に入りのマグカップ(ふた付きや、口が細くなってるものなど種類あり)にコーヒーを入れて行くのか。お金もかからないし、このスタイルに結構しびれた。

そこは、ザ・レーンより南に下った所にあった。ここも崖の下にポイントがあり綺麗にライトの波がブレイクしていた。
コーヒーを飲みながら波チェック。日本では缶コーヒーだもんな。マグカップで飲むのがカッコいい!波より彼等のライフスタイルに感心していた。日本へ帰ったらやるしかないでしょ、なんて思っていた。

太陽も昇り始め、僕等はウエットスーツに着替えピークへパドルアウトした。
何本か波のショルダーを越えると既に入っていたサーファーが僕に笑いながら足の指5本をノーズに引っ掛けて突進してきた。
「ウワー!まるでビッグウエンズデェーの世界だあ。」
僕等は2時間くらい思いっきりFUN SURFINGした。朝のサーフィンは本当に気持ちが良い。
何本か納得のライディングをして大満足だった。

The Endless Summer

マイクの家に帰りマイクが撮影したサンタクルーズ周辺のロングボードビデオを観ながら明日のコンテストのルールなどを聞いたりして午前中を過ごした。
お昼に、奥さんのオリビアが「今夜は裏庭でBBQをするから一緒にスーパーマーケットへ行きましょう」と誘ってくれた。僕と息子のマイキーとオリビアの3人で出かけた。
アメリカのスーパーはめちゃくちゃでかい。僕は一人で物珍しそうに店内を物色した。

夕方になりBBQのセッティングも完了。明日の大会に出るサーフクラブのメンバー達が沢山来た。
だれもが皆楽しそうにお喋りをしている。僕はハンバーガーを食べたり、子供達と遊んだりした。
またメンバーのひとりがBAJAへ行った時の写真を見せてくれたり、またまた楽しい一時を過ごし、キャリフォルニアライフスタイルな1日だった。
明日、明後日と控えている今回のメーンイベントであるコンテストに向けて特に緊張をすることもなくグッスリと寝てしまった。(別に日本代表じゃないからね!当然です!本当は、3日間英語漬けでかなり疲れたのであった。大会どころじゃないのであった!)

The Endless Summer

<< 第五部を読む       第七部を読む >>

[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]

このページの最初に戻る

トップページに戻る

Copyright © 2008 PACIFIC GATE. All Rights Reserved.